VUメーター


昨日は名古屋で飲み会。
その時に思い出したのだ。
VUメーターのことを。
パソコンで編集していて最近一番気になることは「音」。
特にMA用のソフトやサウンドボードを持っているわけでもないのに
現状としてMA作業は行っている。
ノンリニア上でやっているだけなのでやはり限界があるわけだ。
と私は思っている。
なかでもVUメーターで確認できない、というのはかなり痛い。
なにせつい最近までピークメーターとVUメーターの違いを人に説明などできなかった男なのだ。適当に音を聞きながらピークメーターで調節をしていたが、やはりそれではプロとはいえない!
そこでいろいろ探しているのだが、これがまた「これだ!」というものがない。
見つけたと思っても割と値段が高かったりするのだ。
しかもどうして高いのかがイマイチ納得できない。
だって原価は安そうだし…(何かスゴイ仕掛けが実はあるのだったら謝ります)。
で、
彷徨っているうちにこんなものに出会った。


これはWindowsMediaPlayerのプラグイン(フリー)なのだが、
なかなか楽しい。
試してみたい方はコチラから。
往年のオーディオファン(と思っている方々)にはオススメしたいものだ。
そんなに新しいものでもないようだが、見ていて和む。
やっぱりアナログっていいなぁ。という気になる。
これはさすがにMA用としては使えないが、いい感じだ。
ノンリニアのレベルメーターにVUアナログ表示入れてくれればいいのに。

コメント

  1. しん より:

    未だに、メーター類の意味をよくわからず、見た目で作業してますが…。
    どこまでキリキリとやるか?という判断は必要だな。
    来るHD化に際して、今よりシビアになるのかなぁ?
    ハードル上げすぎると、いい意味でグレーな今の立ち位置の優位性が、失われやしないかと不安になる。
    さらに現実的な問題として、技術も投資も時間もどっかでついて行けなく日が来るのではないか?
    悩みは尽きない。

  2. yuki より:

    俺も、それ使ってるよ!!
    やっぱ、
    ピークメータのピロピロした物より、
    針が動いていた方が安心するな・・・。
    ちなみに、
    オイラも始めてそのソフトを使った時、
    AUDの切り替えで、
    ピークとVUがあったから、
    てっきり、
    針の映像が出ている物だと、
    かなり探しました・・・。

  3. カントク より:

    難しいところだよね。なんかいい方法ないかなぁ。