Red Cliffすなわち赤壁の戦い

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]


ジョン・ウー最新作の「レッド・クリフ」が気になっていた。ジョン・ウーは香港からハリウッドへ白い鳩と共に飛び立ち、赤い大陸には戻らないと思っていたのだが、それは勝手な勘違いであったようだ。
とにかく三国志を映画にするということは大胆な取り組みだったと思う。
様々なシリーズが、それこそテレビ、ゲーム、漫画、小説に入り乱れているわけだから人によって思いいれも千差万別なわけで、脚本家も相当大変だったと思う。
まぁ、しかしそれはさておき、ジョン・ウーだ。
彼は非常にわかりやすい演出をするので好きな人も多いはずだ。カラーがあるのは素晴らしいことだと思う。
白い鳩、二刀流、スローモーション、マント。
特にスローモーションの使い方は名匠サム・ペキンパーの二番煎じだと「男たちの挽歌」時代には言われまくっていたが今ではすっかりジョン・ウー色になってしまった感がある。もはや自分の持ち味になっている!
今回のレッド・クリフでもその全ての要素がちりばめられていた。だからいちいちスローモーションとか出ると「おっ!」とか思ってしまう。全く持ってストーリーはさておき、の楽しみ方となってしまった。白鳩なんてかなり大胆に登場しっちゃったりして、なにしろ諸葛孔明(金城武)が飼っていたのだ。
今回、平日午前中に見に行ったのだが、客層は中年男性がやはり多かった。そりゃそうだろうと思う。三国志がハリウッド超大作と手を組んだ!みたいな宣伝だし、監督はジョン・ウーだ。
第2部も必ず見に行かなくては!という気にさせる終わり方になっていたのはやや商魂を感じたが。
http://redcliff.jp/index.html
※ちなみに公式サイトでは予告編メーカーがあってなかなか遊べる