JANメーカーコードの取得


JANメーカーコードとは世界の約100カ国が加盟する共通商品コードのことで、世界共通の商品コードとして管理されているものです。

例えば、
自社でDVDを制作、プレスしてそれをアマゾンで委託販売したい、と
考えた場合、

JANメーカーコード取得が必要となります。
現在私の会社ではDVD販売を進めているところですので、
JANメーカーコード取得は必須というわけです。

そのJANメーカーコードとは、
簡単に言ってしまえばPOSです。
バーコードになっているアレです。

商品管理をするにはバーコードが必要となります。
しかもそのバーコードは小売業で共通のものでないと意味がありません。
そこでその管理を流通システム開発センターが行っているわけです。

JANメーカーコードを取得するには、
まず商工会議所に行って、冊子を購入します。1,200円です。
・冊子に同封されている登録申請書に記入します。
・郵便局で登録申請料を支払います。弊社は10,500円でした。
・支払金受領書を登録申請書に貼って商工会議所へ提出。
・「JANメーカーコード登録通知書」が2週間ほどで届きます。
以上です。

あとは、
・商品に番号を振ってバーコードを作製
 (ネットで検索すれば無料で生成可能です)
・取引先へJANコードを通知
・商品にバーコードを印刷
・JICFS/IF-DBへの登録

となるわけです。
・・・

面倒ですよねぇ。
しかもバーコードを作製するのに印刷所や専用のソフトウェアなんかを
購入すると非常に割高です。
知っているのと知らないのでは随分と時間やコストが変わってしまうと思いました。

かくいう私目は、
JANメーカーコード取得まで1年を有したわけですが・・・。
お恥ずかしい限りです。

さて、このようなプロセスをへて
セルDVD第1弾は11月にはお目見えする予定です。
是非お買い求めください!