InterBee2006をゆく


interbee03InterBee2006に行って来た。
こんなところに行ってしまうあたりがいかにも業界人っぽい。
さて、
今年の目玉はというと、、、
なんだろう???
デジタル化がある程度定着してきただけに新機材関係はやや
新しい話題に乏しいのが現実だろう。
どうも年々規模が縮小となっているらしく、会場の幕張メッセでは多少
空きスペースもあったぐらいだ。
私自身はというと、
interbee01DV用のステディカムを体験したり、HDVの実機を何台か触ってきた。
ソニーのV1−Jは『買い』までには至らなかったというのが
正直なところ。
共に回ったY氏も同意見。
結局一番欲しいHDVはビクターのGY−HD100で落ちついた。
これはあくまで『手持ち撮影』を基準に述べる感想。
ソニー(V1-J)は、リングの粘りが余りに強すぎる。
パナソニック(DVX200)は、筐体がデカすぎ、重すぎ。
キャノン(XL H1/XH G1/XH A1)は、ズームやフォーカスの動きに違和感を感じた。
こうしたウィークポイントを全て補っているのがビクターだ。
しかしメーカーさんは皆さんこうした問題点は指摘されているようで、
キャノンさん以外は前向きに考えておられるようでしたな(笑interbee02