Final Cut ProでHDV等からSDにダウンコンの時はコレだった

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

それは優先フィールドの問題だった。
HDV→DVというダウンコンバートをFCPを使ってできたらとても便利なのにいままでquicktime書き出しでも綺麗な映像にならなかった。その原因が優先フィールドだった。
これが解決すればHDVの編集シーケンスをコピーしてDV設定に変更してダウンコンできるはずなのに。

しかしようやく気がついた。
優先フィールドの問題解決法だ。
気がつけば実に簡単。

「エフェクト」→「ビデオ」→「シフトフィールド」をビデオに適用するだけだった。
 

154.jpg

 
これでフィールドがズレるから「映像のピクつき」が見事に改善されている。
HDVは奇数(上)が優先、DVは偶数(下)が優先だから、これでズラしてあげれば修正できるというわけだ。
全く思いも及ばなかった。。。
 
そのおかげでこれまでひたすらHDVを一旦テープ書き出ししてからiLink経由でダウンコン素材を吸い直してシーケンスに乗せるという面倒なことをやっていたのだ。