DVD「華氏911」

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

カンヌ映画祭パルムドール受賞が非常に意義深いと感じる本作は世界一のドキュメンタリー作家となったマイケル・ムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」に続く第2作目です。
徹底的にブッシュ元大統領を批判する姿勢には正直驚きます。というのもあれだけの動きをするとやはり妨害が少なからずあると思うのです。しかしムーア監督は作り上げました。実に素晴らしい、です。
アメリカで起こったテロ事件、911を発端にブッシュの歴史や背景を紐解きアフガンやイラク戦争に結びつける論旨は実に見事。いままでなんとなくわかっていたけど、スピークアウトできなかったことが、思いっきり語られていきます。

同業者の目で見ると、やはり編集の巧みさが目立ちます。それからマイケル・ムーア監督が自らジャーナリストとして突撃している様は本人のナレーションも意味合いがしっかりしていて納得。時折カットバックで笑わせてくれるところもタイミングが小気味いいです。
さらに「ドキュメンタリー」というジャンルをここまで世界中に認知させた功績は素晴らしいです。「ドキュメンタリーは暗い」というイメージばかり植えつける日本メディアと明らかにスタンスが違います。政治や戦争関連のドキュメンタリーをエンターテイメントに昇華するやり口は大いに賛成。ただ、字幕を追っていると文字量が多いので辛いかも。。。