CANON 歴史的発表は シネカメラC300


11月3日(木)に行われたCANONの歴史的発表を心待ちにしていました。
結果はシネカメラの登場でした。
c3001_mini
これで正式に映画産業へ入り込む、ということになるわけですね。
どんなカメラなのかというと、

8.3MP 2160×3840 Super-35 CMOS sensor, 4K sensor
1080p capture 24p & 30p
720p capture at 60p
EOS or PL mount version (not both)
Pair of CF card slots
Canon XF codec (50Mbps 4:2:2 1080p30 MPEG2 MXF)
Digic DV III processor
GenLock Timecode
HD-SDI output
Full frame
Canon Log gamma
Manual focus & exposure control — No AE or AF
Includes LCD monitor, dual XLR audio inputs, side grip, top handle, battery and charger
Built-in intervalometer, which is an EOS first
Electronic ND filters
BP-955、 BP-975バッテリー
販売は全てセットで。LCDモニター XLRオーディオユニット、サイドグリップ、トップハンドル
販売は 2012年1月頃 価格は16,000 USドル (1,248,800円 2011.11.4現在)

なんだそうです。
16,000ドルは高いですね。とはいえこれからラインナップ商品が増えるでしょうから、
お値打ちシネカメラも間違いなく登場するでしょう。
実に楽しみですね。
当然今月開催される interbee2011 でも登場するでしょう。