Blackmagic Design が Blackmagic Cinema Camera を発表

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]


新時代の到来を予感させるカメラが登場した。
これは少しメモっておいたほうがよさそうなので熱いうちにリンク等を貼っておこうと思う。

Blackmagic Design の Blackmagic Cinema Camera だ。
http://www.pronews.jp/news/1204171330.html
によれば、

Blackmagic Designは米ネバダ州ラスベガスにて開催中の全米放送機器展NAB2012にて、デジタルシネマカメラ「Blackmagic Cinema Camera」を発表した。2012年7月にUS$2,995で発売予定としている。
Blackmagic Cinema Cameraは、2.5K(15.6mmx8.8mm 2592×2192画素)の大型センサーを搭載したデジタルシネマカメラ。2.5K RAW(2432×1366)またはフルHD(1920×1080)解像度での撮影が行える。対応フレームレートは24/25/29.97/30fps。同社では、最大13ストップのスーパーワイド・ダイナミックレンジによって、いわゆる「ビデオっぽい」ルックを解消し劇場映画並みのルックとディテールを表現できるとしている。カメラ本体の重量は1.7kg。

としている。さらに、

記録はCinemaDNG 12 bit RAW、Avid DNxHD、Apple ProResフォーマットに対応し、内蔵のリムーバブル2.5インチ256GB SSDレコーダーに記録する。24pの非圧縮データで30分、圧縮フォーマットではその5倍記録できる。メタデータ等も内蔵の5インチタッチスクリーンで操作できる。LCDの解像度は800×480。
レンズはCanon EFマウントおよびZeiss ZFマウント(Nikon Fマウント)に対応。電子接点による露出コントロールも可能としている。標準オーディオジャックやThunderbolt、3G-SDI出力を搭載し、LANCによるリモート操作にも対応。さらに、カラーコレクション用としてフルバージョンのDaVinci Resolve 9.0、波形モニタリング用にBlackmagic UltraScopeソフトウェアが同梱されるという。

デザインはデカイiPhoneみたいな印象。モニターの解像度に不満が残るものの、別モニターを用意すれば解消できる問題だ。他にもNABで撮影されたプレス発表の様子やインタビューもあるので掲載しておく。

リリースはこちら