4月から日音~nichionと契約スタート


来月から日本最大手のサウンドライブラリーを誇る日音と契約、映像制作、番組制作、コマーシャル、VPなどで高品質な音源を使用することができるようになります。

日音サウンドギャラリー

日音サウンドギャラリー


日音ホームページによれば「日音サウンズライブラリーとは、音楽出版社の(株)日音が管理するライブラリーミュージックの総称です。ライブラリーミュージックとは、放送番組、コマーシャル、映画、イベント、映像作品、インターネット等、あらゆる映像や空間を効果的に演出する為に、あらかじめ様々な音楽ジャンルやテーマを取り揃えているプロユースな楽曲の集大成です。日音サウンズライブラリーの音源は自社制作のオリジナル音源に加えて、世界中のライブラリーミュージックの中から特に厳選したものについて原出版社と契約を行い、当社が日本国内において出版権を独占して保有しています。
国内最大級のカタログ数とクオリティを誇る日音サウンズライブラリーには、エンニオ・モリコーネやハンス・ジマーのような映画音楽の巨匠からピエール・ポルト、ラリー・カールトン、ジョナサン・バトラー、チーフタンズ、ジェイムス・テイラー・カルテット、コールドカット等、現代を代表する数多くのアーチストや、新進気鋭のアーチストの作品が多数収められています。
ジャンルはジャズ、ロック、ポップス、ダンス/エレクトロニカ、ソウル/R&B、環境音楽、民族音楽、サウンドトラック、ウェルノウン・チューン(童謡等の定番曲)等、テーマについてはコーポレート、ドラマティック、都会的/近代的、スポーツ、ニュース、コメディ/バラエティ、ドキュメンタリー、自然、サイエンス/テクノロジー等、大変幅広く網羅されており、どのような映像メディアにも美しく調和します。」とある。

 

今後益々映像制作の幅が広がります。