経営者の条件


新訳 経営者の条件

経営者の条件とは、
「できる人」としての条件と同じものがある。
と思う。
自分は人として誇れるものがあるかどうか。
じっくり考えたい。

コメント

  1. け★つ より:

    日記読みました。
    独立して、何するのですか?
    あと、法人にすると、税理士に頼んで、年間60万円の経費がかかりますよ。
    あと、帳簿に検査が入るから面倒。
    税金も、利益の半分近く取られる。
    個人なら、利益の1割税。
    税理士不要。帳簿なんか見られない。

  2. カントク より:

    お気遣い痛み入ります。
    独立起業は通過点のひとつです。
    映像事業と地域社会の接点を求めて立ち上げます。
    法人にするのは、
    それぐらい大きなことに向かうため。
    個人でやる気はまったくありませんよ。
    何事も前向きに。
    いいことだってたくさんあります。

  3. け☆つ より:

    凄いですね。
    僕は、爺さんが鉄鋼業をやっていたし、50人位の社員がいて、婆さんが飲食店をしてました。んで、オヤジが、株式会社の建設業と不動産業をしていて、その流れの中に自分がいます。もう30年も株式会社は続いてます。
    というわけで、いろんな街中の商売の表と裏を見て育って、商売というものは、利益が出だして、実績が出来て5年間くらいして、法人にするものだという考え方と経験があります。
    たとえば、開業病院は、ほとんど個人です。
    医院業自体に、博があるから、法人にする必要がないのでしょう。
    もうひとつ、不動産業も、あえて個人の会社も多いです。あまり、賃貸では、法人の型枠が不要かもしれませんね。
    飲食店は、、、一店舗しかないところで、法人の店なんてないでしょう。
    十分、お客さんが入れば、暮らしていけるだけの利益はえられるでしょう。

  4. け☆つ より:

    商売経験が無い人が、いきなり法人にして、
    2年目から苦しむことは、先に書いた、税理士に60万円が毎年の経費としてかかることですか。
    月にしたら、3万円程度の経費ですが、携帯やガソリン代や高速代金や、そんな経費で十万くらいと、法人なら、社会保険労務士を雇わないといけないから、さらに毎月の出費が入る。あと、行政書士の顧問がいないと、書類関係のときに困るから、月々の会員費用を払うと、月々一万円程度、必要ですか。
    ざっと、法人からスタートしたら、
    個人より、毎月、十万くらいの経費が多くかかりますね。法人ならちゃんと、厚生年金かけないといけませんから。会社負担は、もう半分。

  5. け☆つ より:

    しまった、今年はあまり儲かってないみたいで、
    経費ばかりかかって苦しかった。
    なんとか利益分をと思っていても、法人なら、きっちりした帳簿でないと、すぐに税務署がきて、追徴課税を取られますよね? 苦しいのに、税金取られて自転車操業。いかん、来年は赤字スタート。このままでは、経費だけで給料がでんわ〜、なんて予想をしたことはありますか?いつも良いことばかりを考え常勝思考を書かれている本を読むことはいいですけど、商売人は、常に最悪の事態を考えながらやっていくのがベストだと僕は思います。ライブドアの堀江さんだって、
    株式会社にしたのは、起業から二年目。。。
    この先、カントクさんが、どのような成功を手に入れるか凄く楽しみにしてます。近況、お聞かせくださいね♪

  6. け☆つ より:

    あと、前にも書きましたが、今のうちにも書きますが、独立して、今現在の会社の取引先、特に下請けで、
    新会社設立して挨拶に行って、相手してくれるのは、
    半分もないと思いますよ。 もう、門前払いとかされそうになることもあると思います。
    これが見えないで、大手ハウスメーカーの所長から独立して、いきなり株式会社にして五年で倒産した人がいます。ちなみに、この人が百人の下請けがハウスメーカー時代にいたとして、独立後に相手してくれたのは、2人くらいです。厳しくて、涙流してましたよ。
    つーか、単なる世間知らずだと僕は思いましたが。
    端から見て、初めの時点から、失敗を判りましたよ。
    ありゃ、潰れるなぁと〜。笑
    でも、テレビ映像業界は、違うかもしれませんね☆