独立に向けて


有限会社と個人事業。
どっちがお得なんでしょうか?
そんなことを考えています。
それぞれにメリットはあります。でも、じゃあ最終的にどっちなの?
というところになると、いまいちわからないんです。
来年には会社法が新しくなって有限も株式になります。
そんなことも踏まえて、誰か教えていただけないでしょうか?

コメント

  1. け★つ より:

    税金が違います。個人なら、一年間の利潤の1割が税金。
    法人なら、44パーセントが税金。つまり半分くらい取られるのです。
    また、法人なら、税理士を雇わないといけません。
    年間、六十万円くらいが相場で、他にも、社会保険労務士とか
    いろんな人を雇って、十万〜二十万かかります。
    これが、最低限度の経費です。
    個人には、なんにもいらないし、そこまで追求もされません。
    法人とは、法が認めた人と書きますが、ようするに法律によって綿密に管理されますよ〜というニュアンスです。

  2. け★つ より:

    確かに、法人だと信用があり、個人には信用は薄いです。
    でも、水商売やお医者さんは、ほとんど個人ですね。
    信用とかいらないですからねぇ。また、突然、法人を起しても、
    仕事上の信用は、個人とあまり変わりありません。
    はじめたばかりの会社で、個人と法人の信用度の違いが出るのは、
    銀行から借り入れをするときくらいでしょう。
    個人より、多くお金を貸してくれるということですねぇ。
    もしも独立して何かを始めるのなら、個人に限りますよ。
    いざ、やーめた、というときに、法人だったら、
    辞めるのにも、解散手続きに金がかかります。

  3. 本人 より:

    厳しいご意見ですね。
    でも僕はちょっと意見が違います。
    個人は累進課税ですが、法人は一律です。
    個人は儲けが給料。でもそれに税金がかかります。
    法人は違います。給料にも控除が適用されます。
    しかるに、儲けるつもりならば法人にすべきだと思うのです。
    細々やるなら個人事業。
    心配なのははじめのうちの税理士等に払う顧問料等ですね。
    でもそれにくじけたら度量の小さい!?経営者かも。
    現時点で僕のつたない知識によれば、年間500万の利益が
    でるなら法人へGO!だと思うのですが…。

  4. け★つ より:

    年間500万の利益を出すには、一億以上は売り上げないとでないですよ。
    たとえば、不動産仲介業だったら、手数料が主なので、売り上げ=粗利益ですが、たとえば、飲食店や建築請負業では、仕入れや手間賃がかかりますよね? 普通の流通商品で言うと、定価の二割程度しか利益が出ない、今の現実では、それ以下でしょう。
    ということはですよ、一億売り上げたとして、二千万円以下の粗利益として、社員さんの給料とボーナスを出して、また、給料の引かれものには、同額を会社は負担しているわけでして、税理士代、車両代、保険、車検、交通費、いろいろと差し引くと、法人で五百万円の利益を年間に得るという困難がお判りになると思います。もう一つ付け加えると、税理士というのは、初めだけでなくて、毎年、六十万円かかります。毎年です。

  5. け★つ より:

    法人税を宅地建物取引主任者 不動産業者の私から、
    解説させて頂きますと、(不動産屋はお客さんの税金概算が仕事)
    大法人30% 中小法人30%もしくは22% 共同組合法人 22%
    それと、都府県民税5% 市県民税12.3%=17.3%
    事業税 年八百万円超えで、9.6%
    いろいろとありますが、法人税+住民税+事業税、もちろん減税処置はありますが、44%くらいですね。これは、本当にキツイですよ。
    そして、法人というのは会社たげをさすものではありません。
    マンションには、管理組合法人、社団法人は人の集まり、財団法人は財産の集まり、つまり、法が 組合を管理する、 法が人を管理する、法が財産を管理するというニュアンスですね♪
    とまぁ、単なる私のコメントですが、参考になるところだけ知識に加えてください〜★★★ 人それぞれですから。

  6. け★つ より:

    私のところは、創業30年の株式会社です。
    株式会社だけで、2人しか動いてなくて、年商、2億〜3億です。
    他にも、個人事業をやってます。
    >年間500万の利益がでるなら法人へGO!
    まず、1年間、ご商売をやられてみて、年間500万の利益を出してみてください。それから法人にしたほうがいいですよ。
    本当に独立してみると、サラリーマンの時の百倍くらいの精神力と接待力が無いと、銭になりませんよ★
    応援しますので、頑張られてください。
    ところで、具体的な取引先や販促方法とかは固まっているんでしょうか?

  7. 本人 より:

    う〜ん、難しいですねぇ。
    でも、ワタシがやろうとしているのは映像プロダクションです。
    この仕事というのは粗利がすなわち利益みたいなところがあると思うのです。
    つまり仕入れとかも必要ないですし。
    そういった意味では非常に効率の良い稼ぎ方ができるのではないかと
    思うのですが…。
    甘いでしょうか?
    500万という数字も会社の利益というよりワタシへの報酬ということです。
    会社に利益をはじめから残そうとは思っていないです。
    ですから、イロイロと経費など払って、報酬もいただいて、赤字にならなければ
    よいのです。
    それから、会社経営が簡単でないことはわかるんですが、だからといって
    諦めることもしたくないんですね。
    やるべきかやらざるべきか。
    会社か個人かも含めてまだ悩みは尽きません。

  8. け★つ より:

    それなら個人ですよ。おそらく手間受け業、つまり、製作して納品する手間賃でやっていくということですよね?
    私共の業界でも、手間請けの業種で、50〜90万の安定のある仕事があります。
    本当に技術屋、技術料ですね。みんな個人会社さんですよ。
    そして、申告のときに、1割で簡潔です。
    法人にすると、貸借対照表とか損益計算書をつくらんといけんのです。
    それをやってくれる税理士の月々の顧問費用が三万円で、決算のときや税務署が入るときに二十万くらい別に取られるんですよ。
    経理が必要になりますよ。
    ↓ だいたい料金は、平均的に統一されているようです。
    http://www.asagi-tax.com/

  9. け★つ より:

    つまり、手間賃や技術料で頑張っているのに、その五百万円の雑収入から、
    法人税や税理士代を年間、取られたら、もったいなくないですか?
    たしかに会社の構えがあったら、カッコイイですよ。
    でも、個人も立派な会社です。また今って、一円法人とかあるから、
    そんなにその構えに魅力を感じないと僕は思います。
    その法人が一円とか、一万円程度の価値に見えるので。
    まぁ、一円で有限が創れるのでしたら、イイですね。気軽で。
    でも、設立費用を行政書士に十数万を払うのがもったいないですね♪