最強の組織を作る


「最強組織の法則」という本を読んだ。
会社経営をシステム思考で見直すとスゴイらしい、という本だ(と勝手に解釈)。
私は個人的に「この世は相対性」と考えている。

「私は同時に私以外でもある」

これだ。

ちょっとだけ説明すると、
システム思考というのは「個」と「組織」はアイデアを共有すべきだという考えから
きている。社員一人ひとりがバラバラではいかんということだ。一丸になれと。
そりゃそうだ。

これはつまり社員という「個」は同時に会社という「個」ではないかと。

であるならば、、、会社はどうすべきか、ということ話になるのだが、その辺は割愛。

それにしても亀田クンはいけません。
同時に亀田ファミリーもしかり。