映画「This is it」


マイケル・ジャクソンが他界してまだ日が浅いというのに、直前で白紙と化したロンドン公演の舞台裏映像を中心に構成したマイケルのドキュメンタリー映画が完成したことは正直驚きでした。

「そこまで商魂たくましくやらなくたって・・・」

これが映画を見る前の素直な気持ち、でした。マイケルは本当に素晴らしいアーティストだし、僕らの青春そのもの。マイケルが何かをすればそこには必ずビジネスがついて回るのはわかっているけれど、「死して尚」と思うとやや辛い気持ちになるものです。

ところが、

この映画、素晴らしかったのです。50歳のマイケル・ジャクソン。マイケルに憧れてダンサーになり、その彼と同じステージに立つことになった人たち。周りのスタッフたちは皆、マイケルが憧れでありマイケルのためならなんでもやる!と明言する。しかもそのセリフはマイケルがまだ生きているときに撮影された映像ばかり。
もともと、この映像は個人的な記録映像として撮影されていたに過ぎないのです。だからこそ、今となってはその映像に重みがあります。「その時そこで起きていることを記録」していたに過ぎない映像が、マイケル他界により思いもよらない「価値」を生み出してしまったわけです。

私はこの映画をみて、商魂たくましく作った映画、と思った自分を恥じました。
映画は明らかにマイケルに対しての愛が充満していて、彼の素晴らしさの一端が見て取れます。純粋にその気持ちをシェアしたかったのではないかと思えたのです。
監督はケニー・オルテガ。コンサート・ツアーのプロデューサーです。もし私が彼の立場だったら辛くてこんな映像編集できません。編集点を打つことは不可能だと思います。しかし彼はこの短い間にそれを行ったわけで(これは完全に推測ですが)彼の悲しみはいかばかりか、と思うのです。

通常なら映画としては決して十分とはいえない映像も、ここでは十分に価値を持っています。「舞台裏」という側面から見てもなかなか面白いのですが、それよりなにより「口先」とか「小手先」ではない、目には見えない力、を感じます。

そんなマイケルのすごさを世界中の人々に伝えないわけにはいかない、と監督は感じたのではないでしょうか。もし皆さんにも「誰かに何かを伝える」という機会があるのでしたら尚更見ていただきたいと思います。「表現者」としてのマイケルは本当に素晴らしい人であったのだと知ることが出来ます。

http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/