映画「スタートレック」最新作は素晴らしい出来

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

映画「スタートレック」を見てきました。
177.jpg
http://www.startrekmovie.com/intl/jp/
本作を監督したのはJ.J.エイブラムス。海外ドラマ「LOST」(04〜)、映画『M:I:III』(06)、『クローバーフィールド HAKAISHA』と常に話題作を作り続けている人です。
本作は正直始めはトレッカーにのみ捧げるマニアックな映画になっているかと思いましたが、さにあらず。カーク船長誕生秘話を軸に展開するストーリーは「スタートレックは見たことある・・・」程度の人でも充分に楽しめ、初めての人でもスタートレックの世界に入ることが出来そうです。
私の場合、昔映画で何本か見た程度でしたが、「なるほどぉ」という話も随所にあり、トレッカーの仲間に少しだけ入れたような気になりました。スタートレックの世界観も充分に描かれ、現代地球が抱える問題をSFというステージで表現する精神は貫かれています。個人的には「いつまでたっても白人至上主義」を思い出させる設定がやや時代遅れな印象を受けるものの、そこのところを笑って許すことが出来れば楽しめそう。
スタートレックの起源がわかる本作。

「フレア」の使い方が印象的な映画でした。
あ、それから映画に登場する悪役のボス、名前が「ネロ」といいます。発音を聞いているとなんだかマトリックスの「ネオ」に聞こえるんですね。まぁ、意味はないと思いますが。