映画「グラン・トリノ」


181.jpg
立て続けに映画批評を書いていると暇人かと思われてしまいそうですが、
まぁまぁ、そんな日もあるさということで、「グラン・トリノ」を見てきました。
本日が最終日。
これはどうしても見たかった映画です。クリント・イーストウッドは年をとるにつれいぶし銀の作品が次々と登場します。淡々と、クールに現代を見つめ、映画だからと言ってそれほど執着して制作しているような力みも一切ない彼の映画は芸術そのもの。で、

内容は、イーストウッド演じるコワルスキーは朝鮮戦争帰還兵で元フォード自動車工。妻を亡くし、一人住まいが始まるその日から話が始まります。老人コワルスキーは子供はいるが疎まれる存在。いつも癇癪をおこす頑固ジジイなのです。その彼はヴィンテージ・カー「グラン・トリノ」を大切にしているのだが、ある日チベット系・モン族の若者がその車を盗もうと家に忍び込みます。
しかしそのことをきっかけにコワルスキーとモン族の青年との交流が始まるのです。。。

なんか、地味なストーリーなので「金を払ってみる映画=エンターテイメント」と考えている人には足が向かない映画かもしれません。
しかしこの力を抜いて見れる映画が、なんと人生経験を豊かにしてくれることでしょうか。まず脚本が素晴らしい。キャスティングも見事。映像も申し分ないです。心にズシリとやってくる映画です。見終わった後、映画の感想を話し合っていたら再び涙がこぼれてきました。そんな映画です。

イーストウッドはこれで俳優業最後だそうですね。
一生心に残る映画だと思います。