役員報酬の一部を損金不算入にする税制改正


なんのことやら、さっぱり。
この間地元の会計事務所所長と話をしていた時、
「役員報酬の一部を損金不算入にする税制改正」についての話題がでた。
大体、給与控除の話でもチンプンカンプンなのにそんなこといわれても
わかりっこない。
とりあえずメモって家に帰ってからネットで調べた。
で、
意味は大体わかったが、なんか切ないねぇ。
税務署もイロイロ大変なのかもしれないけど。
でも、
そこまでお金に対する執着があるならその前に予算大切に使いなさいよ。
もらうことばかり考えてると嫌われるんだから。
それにしても、
サラリーマンだとこってり税金取られるから起業しようと考えた人も多いはず。
でも、
これだと自分(社長)の給料控除分まで税金絞られるわけだから大損ですよ。
やっぱり、サラリーマンのが良かったか?
と思い直してもらうための新会社法なのかもしれないなぁ・・・。

コメント

  1. け★つ より:

    法人は毎年、純利益の44%、100万円の純利益なら、44万円が税金ですが、頑張ってください。個人なら、1割税。法人は、帳簿もちゃんと記してないと、毎年のように調査が入りますよね。それと、会社員時代に給料から引かれていた金額と同額を、会社は毎月、負担して役所に収めないといけません。損金は、焦げ付きとか引っ掛ったときに計上するものですよね? ボーナスとかを損金に入れると、お手盛りになるからでしょうかね。それから、純利益を削って44パーセントの税金から逃れるのを防ぐ為かなぁ?
    うちは、実家が株式会社で20年くらいやってきてますけど(オレ次期社長)、個人のほうがイイですよ。最近、身の周りで、有限から個人にした人がいますし。といっても、これから法人にして頑張られるのですから、応援してますよ♪
    先ずは、いろいろと質問を聞いて答えてくれる人を大切にした方がいいですよ。

  2. ゆーこりん より:

    あたくし、こう見えて個人事業主でございます。
    毎年確定申告は欠かせません。
    毎年3月は(いつもギリギリ)申告書を書くのに四苦八苦してましてねー(;^ω^)
    あたしなんかよりもカントクさんはもっともっと難しい事やるんでしょうが、税務関係なかなか大変でございますです、はい。

  3. カントク より:

    個人にも法人にもそれぞれメリットはありますよね。
    でも、私自身は「社会的使命」と「地域貢献」「人材育成」まで視野に入れますから個人ではやれません。
    独立して2年は個人がいいとかいいますけど、限りある命ですからこれでいいかなと。
    >ゆーこりんさん
    個人事業主なの?また詳しくこれまでの経緯教えてくださいね(笑)。