岩瀬文庫の世界 「金魚そだて草」

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

岩瀬文庫「金魚そだて草」

岩瀬文庫「金魚そだて草」

日本で最初に出版された金魚の専門書。大阪・堺で40年以上も金魚を飼っていたという大の金魚好きの安達喜之が解説文を書き、同じく堺の奚疑斎という人が補足説明を加え、寛延元(1748)年に出版されました。

The technical book of the goldfish was published first in Japan in the Edo era.

Adachi Yoshiyuki, the goldfish breeder more than 40 years in Sakai Osaka, wrote how to breed the goldfish, and Keigisai in Sakai added explanation. It was published in the Kanen origin (1748) year.

キャッチ・ケーブルネットワーク「にーず」 106chにて8月9日から放送。