岩瀬文庫「本草図説」


IMG_0183

本草とは古代中国の薬草学に端を発する学問で、のちに植物以外の自然産物へも対象が広がり、それらの形態や性質などを研究する博物学へと発展しました。『本草図説』は、江戸は目黒の本草家・高木春山たかぎしゅんざん(?~1852)が、20年以上の歳月と莫大な私財を傾注して作成した、全195巻にも及ぶ江戸時代”カラー博物図鑑”です。魚や鳥、獣、虫、植物、鉱物、人類や自然現象まで、当時の自然科学が扱う全てのジャンルを網羅しており、各々のものの精緻な彩色図を描き、名称や解説が添えられています。(岩瀬文庫HPより)
なお、ケーブルテレビKATCH(キャッチ)にて放送されております本企画は今回で放送が終了となります。長らくのご試聴誠にありがとうございました。これからは、web上で動画を引き続き公開して参ります。さらなるご支援ご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。詳しくは「岩瀬文庫の世界」でお待ちしております!

本企画「岩瀬文庫の世界」は「にーず」にて連載中のコーナーです。「にーず」は愛知県刈谷市にあるケーブルテレビKATCH(キャッチ)にてデジタル106chコミュニティー第1チャンネルで放送中の報道番組。2009年からスタートし、本企画の撮影には当初からCanon EOS 5D Mark IIを使用。Glidetrack Proで美しい移動撮影を可能にしています。是非ご覧下さい。

※「にーず」は西尾市、吉良町、一色町、幡豆町を対象エリアとした報道番組で毎週日曜午前10時初回放送(時期により変更になることがあります)。なお、番組を視聴されるにはKATCHでのご契約が必要となります。