岩瀬文庫「七夕の説」


IMG_6513.JPG

七夕の由来を紹介し、それに関する風俗画と狂歌を収載した絵本です。もともとのタイトルは「絵本あまのがわ」といい、国学者にして狂歌・戯作作者の宿屋飯盛の編集によって。寛政9(1797)年に刊行されました。

本企画「岩瀬文庫の世界」は「にーず」にて連載中のコーナーです。「にーず」は愛知県刈谷市にあるケーブルテレビKATCH(キャッチ)にてデジタル106chコミュニティー第1チャンネルで放送中の報道番組。2009年からスタートし、本企画の撮影には当初からCanon EOS 5D Mark IIを使用。Glidetrack Proで美しい移動撮影を可能にしています。是非ご覧下さい。

※「にーず」は西尾市、吉良町、一色町、幡豆町を対象エリアとした報道番組で毎週日曜午前10時初回放送(時期により変更になることがあります)。なお、番組を視聴されるにはKATCHでのご契約が必要となります。