外付けHDD3TBで2万円台


まだまだ現役で使用しているWinベースのPCにHDD増設をすることにしました。
現在はUSBの外付けHDDが3台ありますが、
400G、250G、80Gと小ぶり。
その他内蔵で280G、600G、400Gとあるのですが
どうも雑多になってしまってよくありませんでした。

そこで
今回は近所の家電屋さんでHDDを物色。
購入したのはMARSHALのHDDケース、MAL-1135/S
209.jpg
それからSeaGateの1.5TB(Barracuda 7200.11 SATA 3Gb/秒1.5TB)を2つです。

ケースには2つのHDDを入れることが出来るため大容量になります。
RAIDも組めると書いてあったので1.5×2で3TBになるなぁ、と考えて購入しました。

ところが、
このHDDケース、1TB×2は2TBにできるのですが、それ以上は認識できないと
購入してから発見。
仕方なしに「1.5TBを2個」とバラバラの設定にしました。
なんだか納得いきませんが仕方ありません。
こういったところがパソコン部品の不親切且つわかりづらいところですね。

まぁ、しかし結果的には2万7千円ほどで合計3TBのHDDを付けることが出来ました。
少し前のことを考えると今はなんとも割安なのですねぇ。

コメント

  1. SIN より:

    しっかりしてそうなのに、
    そういう所でツメが甘い。
    そんな君がカワイイ。

  2. カントク より:

    店員さんに聞いたら「わからないです。」と言うので仕方なかったですね。
    むしろツメが甘いのは店員さんのほうでした。
    しかもこの「2TB」までというのはネットで調べたら出てきた情報でして。メーカー側も不親切だと思います。

  3. SIN より:

    あらら。
    ネットとかで出てきちゃうと、信じるね。
    いや、むしろクレームもんだ。
    ドリーマーくんの方の、
    ソフトのバージョンの壁問題とか