吉良遺産「行場」


IMG_5356.JPG

文化5年に(1808)駮馬村出身の江戸時代第一といわれた尼僧慈本尼の行場。真珠院の境内東裏に位置し、内部に千日箱を納めてありました(千日箱は現在非公開です)。木造瓦葺、間口2.14m、奥行2.94m、高さ2m。2010年に修復工事が行われました。

本企画「吉良遺産」は「にーず」にて連載中のコーナーです。「にーず」は愛知県刈谷市にあるケーブルテレビKATCH(キャッチ)にてデジタル106chコミュニティー第1チャンネルで放送中の報道番組。2009年からスタートし、本企画の撮影には当初からCanon EOS 5D Mark IIを使用。是非ご覧下さい。

※「にーず」は西尾市、吉良町、一色町、幡豆町を対象エリアとした報道番組で毎週日曜午前10時初回放送(時期により変更になることがあります)。なお、番組を視聴されるにはKATCHでのご契約が必要となります。