吉良遺産「吉良義央公の木造」

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

IMG_7040.JPG

義央公の木造は華蔵寺御影堂に先祖の義安、義定像と並んで祀られています。義央が自ら彩色を施したと伝えられています。衣冠束帯(いかんそくたい)姿で表現は写実的。その表情は温厚で気品があり知性的な印象を受けます。

本企画「吉良遺産」は「にーず」にて連載中のコーナーです。「にーず」は愛知県刈谷市にあるケーブルテレビKATCH(キャッチ)にてデジタル106chコミュニティー第1チャンネルで放送中の報道番組。2009年からスタートし、本企画の撮影には当初からCanon EOS 5D Mark IIを使用。是非ご覧下さい。

※「にーず」は西尾市、吉良町、一色町、幡豆町を対象エリアとした報道番組で毎週日曜午前10時初回放送(時期により変更になることがあります)。なお、番組を視聴されるにはKATCHでのご契約が必要となります。