吉良遺産「三十六歌仙絵巻」


IMG_9845
寛文3年、1663年以降、花岳寺に吉良上野介義央公が寄進した絵巻です。歌は大和絵様の歌仙画に前内大臣大炊御門経孝が揮毫したものであることが奥書の署名よりわかります。現在は紙継部分がはがれ、5メートルほどのものが14枚の断簡になっています。

本企画「吉良遺産」は「にーず」にて連載中のコーナーです。「にーず」は愛知県刈谷市にあるケーブルテレビKATCH(キャッチ)にてデジタル106chコミュニティー第1チャンネルで放送中の報道番組。2009年からスタートし、本企画の撮影には当初からCanon EOS 5D Mark IIを使用。是非ご覧下さい。