原爆とチェ・ゲバラ


先日、チェのドキュメンタリー番組をテレビでやっていたという話を聞いた。
しかしその話を聞いたときには時すでに遅し、で放送終了後だったが、
なんとYouTubeでウロウロしていたらアップされていた。
「炎の記憶 〜原爆の残り火をキューバへ〜」という番組だ。

テレ朝系列「テレメンタリー2007」で9月10日(基準日)に放送された。
YouTubeでは全7回に分けてアップされている。


原爆とチェとの関わりは実に興味深い。
こんなテーマを拾ってくるPかDにも敬服。
もし、キューバ音楽好きがもとでこの番組を企画したのなら、是非お友達になってほしい。
これ、広島ホームテレビの制作で、ローカルでも(たぶん縮小版)が放送されているようだ。もし制作者に類まれなるこだわりが隠れていたら構成を入れ替えて放送に臨んでいるのではないかと思ったが、、、。
両方見た方がいれば教えてほしい。

コメント

  1. ドクトール より:

    この「テレメンタリー2007」は偶然途中から放映に気づいて見ました.とっさに録画しようと思ったけれど,寝ぼけてて失敗.内容はなかなか興味深かったです.再放送されないかしばらく様子見てましたけど,Youtubeとはおそれいりました.
    広島の平和の灯の前にチェが少人数で祈りを捧げていた写真は印象的でした.テレメンタリーはシリーズで原爆を取り上げて数回放映していたみたいで,広島ホームテレビということから,よく原爆をテーマに扱う放送関係者の企画かと思って見てました.キューバ音楽とは関係なさげだったけど,キューバ好きの人かもね.
    キューバにゲバラ資料館ができて(チェの娘さんが館長),原爆の火がでも受け継がれることになったそうな.

  2. カントク より:

    テレメンはテレビ朝日系列が取り組むドキュメンタリー枠なので結構力を入れて制作されています。
    再放送はたぶんないでしょう。
    それにしても、これYouTubeで流すのは本来、思いっきりNGだと思いますよ。
    よっぽど皆に見て欲しかったのだろうか???