使えるコンパクトカメラ


以前から欲しかった。にもかかわらずこれまでつい手にとって買ってしまうのはSONYのサイバーショット。しかしここにきて所有欲に火がついた。
この写真はリコーのGR_digital2で撮影したものだ。
コンパクトカメラだが、ズームレンズはついていない。マニュアル撮影ができる。RAWデータで撮影ができる。そして小さい。
余程好きなら一眼を購入して頬ずりでもしたいところだが、私の場合さにあらず。思えば10年前にもデジタルカメラを買うときは「マニュアル撮影は必須」と思っていたはずなのに、気がつくと家族に優しいオートのコンパクト機に落ち着いていた。
それにしてもこのカメラ、いい。
これでキューバ撮りたいなぁ。

コメント

  1. sin より:

    ほほう、お目が高い。
    かく言う私は、GRシリーズの原点
    「GR−1S」を所有している。
    もちろんフィルムカメラ。
    最近は、余程でないと持って出かけないが、GRの独特のボケ味は、ライカにも負けていないと思う。
    しかも、このGRレンズは、一眼並みに明るいと来ている。
    しかしながら、このカメラは所有者を選ぶ。これもまた事実。
    このご時勢にズームもなく、マニュアルはもちろん相応の知識が要る。
    そこまで知識があるなら、一眼にすればあ!?って代物だ。
    それでもオレは、GRだあ!!!と、思わないと買えないんだなあ。
    大人のアイテムだね。

  2. カントク より:

    一眼好きな人がセカンド機として持ち歩きたいコンパクト機、という位置づけなんでしょうねぇ。
    「セカンド機」というだけで大人感がでている気がします。セカンドハウス、セカンドカー、セカンドバイク、セカンドワイフ…。

  3. SIN より:

    セカンドワイフ…
    甘美な響きだ。