今日は退職記念日です


2年前の今日、会社に退職の意志を伝えた。
それまでに辞めるための準備もした。準備とは心の準備であり、お金、時間、仕事、家族と様々な準備である。
それでも不安だった。
辞表を出す直前まで悩んだ。
結局最後の最後に自分を後押ししたのは自分自身だ。
「このままサラリーマンで一生を終えたら間違いなく後悔する」
そう思った。
社会にでて始めて自立した瞬間だったかもしれない。

コメント

  1. sin より:

    「自立」。
    考えていなかったけど、そうかもしれない。
    フリーになった時、ノートもペンも、持っていないことに気付いた。
    久しぶりに文房具屋に行った。
    上司も部下もしない。
    ADもいない、仮払いも無い。
    仕事は自分で見つける・・・。
    何も無くて不安で仕方なかったが、
    会社を辞めたことを後悔した事はない。
    不安に打ち勝ち前進する。
    それが「自立」なのかもしれないね。

  2. カントク より:

    自分が如何にちっぽけでそれでも生きている自覚に満ち溢れた存在であるのか気付いた気がします。
    よく映画「マトリックス」に例えられますが、まさにあれですね。不安だらけだけど、それよりもっと希望に満ちてるなと。