マインドマップを使いこなす


マインドマップをご存知だろうか。
自分の思考を「脳細胞のように地図化」する技術で、トニー・ブザンというおじさんが開発・提唱した技術だ。
トニー・ブザンは、
”心理学、アメリカ文学、数学を大学で学んだ後、学術ジャーナリストとして活動し、1960年代には、メンサ・インターナショナルの国際的な機関誌の編集に携わっていた。これはIQが極めて高い人たちを中心とした団体の雑誌で、その仕事が元でBBCの教育番組の企画の相談を受け、その際のアドバイスを元に自分で一冊の本を執筆したのが、彼の本『頭が良くなる本』(Make the Most of Your Mind, 1977年)である。以来、彼はこの方面の番組、セミナーなどに多数出演、著書も多数ある。”
「出典:wikipedia」
この人自身のことはともかくとして、マインドマップという技術は非常に優れている。これは非常に簡単なノウハウだし書籍を買えば安価に手に入る。
そのマインドマップを私もこよなく愛する人間だ。
で、
このマインドマップはPC用のソフトでも販売されている。何種類か存在していて、詳しくは、
http://mindmap.jp/
こちらのサイトにいろんな情報が盛り込まれているので参考にしていただきたいのだが、私はこれまで当然のようにフリーソフトを使ってきた。
ところが、
最近トニー・ブザン公認のソフトの発表とともに有料ソフトに興味がわき始め、試用期間付のソフトをとりあえずインストールしてみることにした。なにせフリーは所詮フリーで、どうもかゆい所に手が届かない気がしてあまり使う気がしないのだ。
何種類か試してみた結果、個人的にはMindManagerが一番使いやすかったように思う。少々値段は張るがいたしかたないところか。
それにしてもトニー公認のソフトは値段も手ごろで非常に期待していたのだが正直イマイチ使いづらいものだった。見た目はまさしくマインドマップだったが、なんとも残念。