ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団


レンタルビデオ店に足しげく通いようやくハリー・ポッター前4作を制覇。
それも家族の強い後押しで久しぶりに見た映画だ。毎年夏に新作を発表するハリーの映画も今年で5作目、小説はついに最終巻が発売となり世界中でブームを巻き起こしたという記憶も新しい。
だが、こっちとしてはようやく今年がハリー元年。そして夏休み中一気に見倒したわけだが、前作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」はさすがになかなかレンタルできずに苦労した。やはり人気なのだろう。
そしていよいよ映画館へ行くときがきた。
最新作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」だ。最近映画館で見た映画といえば「ポケモン」だけだ。子連れでアニメ以外の映画を見る日がついに我が家にもやってきた。感無量。
本編のほうも十分に楽しんでみることができた。常に自分の隣にハリー・ポッターの解説者が付き添っていることもありがたい。映画だけでは説明不足な部分は隣で聞くことできる。来年の第6作はシリーズの中では一番ドラマが薄いそうだが、果たしてどんな映画に仕上がるのだろうか。既に来年の夏が待ちどおしい。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット