インターレースからプログレッシブに

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]

ビデオ編集をしているとインターレースからプログレッシブに変更する機会があると思います。例えばビデオカメラは1080i(インターレース)が多いですが、DVDに書き出しをする場合には30pに変換して書き出したりします。その際、編集ソフト上でインターレース除去をするのですが、ソフトウェアによって設定がマチマチなので探すのが大変です。

私の場合は以前、final cut proを使用していたので、インターレースからプログレッシブに変更するのは割と悩まずにできました。というのも、

fcp

final cut proの場合は「ビデオ」タブの中に「インターレース除去」と「シフトフィールド」があり、特に説明書を探らなくても見つけやすいのです。

ところが、
Media Composerに乗り換えるとこれが大変わかりにくく、しばらくは(大概仕事がらみで時間がなかったりするので)final cut proに戻って作業をしたりするわけです。しかしようやく最近になって見つけました。Media Composerでの設定画面を。

mc

Timewarpの中にあったんですね。source側を「インターレース」、Output側を「プログレッシブ」に選択するだけでした。

なぁんだ。
ということで備忘録として書いておきます。