アイデアロボット競技大会が復活


中日新聞にこんな記事が掲載されていた。
*********************
 予算不足で中止になった工業高校生のロボット競技会が、4年ぶりに復活する。愛知県高等学校工業教育研究会などが名古屋市で来年1月に開く「第1回愛知県工業高校生ロボット競技大会」(中日新聞社後援)。テニスとサッカーを組み合わせたオリジナル競技「テニッカー」で、モノづくりの原点に挑戦する。
 東海地方の高校生のロボット競技大会は1992年から毎年開かれていたが、会場費が足りず、2004年11月の第13回大会を最後に中止。卒業生から大会を懐かしむ声が上がったほか、「匠(たくみ)の卵にモノづくりの工夫や応用技術を学んでほしい」との教師らの願いで、愛知県商工会議所連合会が、愛・地球博(愛知万博)の剰余金からの支援を決めたという。
 大会は1月10日、名古屋市中区の愛知県体育館で開催。縦8メートル、横4メートルのコートで向かい合ったロボットを操作し、各20個のテニスボールをラケットで打ち合って、相手の後ろのゴールに入ったボール数で得点を競う。愛知県内の24校から45チーム、計135人がエントリーしている。
 4年前までは岐阜、三重、静岡などの有志校も参加していたが、当面は愛知県の工業高校を対象とする。同研究会の森田満夫会長(東山工業高校校長)は「まずは10年間の継続を目標に頑張りたい」と話している。
(11月4日付朝刊)
*********************
復活するんですね。
またテレビでも放送するようになるのだろうか。以前はトヨタ系企業のバックアップが強かった印象があるが、今回はどうか。製造業大国愛知を支える技術力が不足しないよう良い人材を集めるためにはこうしたお祭り騒ぎも必要かと思えるので今度はぜひ10年といわず20年30年と続けていただきたいものだ。工業高校の面白さ、格好良さ、やりがいを是非伝えていただきたい。