やはりきた、テレビ局黄金時代終焉への序章か


日刊ゲンダイの記事にこんな話が・・・
「どの業界にとっても不況は深刻だが、テレビ局も大変なことになっている。好調なテレビ朝日が09年3月期に赤字になったと発表。「ついに来たか」という反応が広がっている。

 テレ朝の従来予想は連結最終損益が1億円の黒字としていた。だが、先週、広告収入の大幅減などで17億円の最終赤字になることが判明し、君和田正夫社長は「大変よくない」と語ったとか。他局にも不安が広がっているのはいうまでもない。
 というのは、どこも制作費をカットし、経費を切り詰めて経営努力をしている。しかし、テレ朝だけは映画「相棒」がヒットし、先のWBCなども高視聴率で、先月はゴールデンとプライムで民放の月間1位になり、好調な局である。だが、それでも赤字だからハッキリ言って打つ手なしだ。
「各局とも08年度の第3四半期の業績を基に通期の決算見通しを出していて、テレ東以外は黒字予想だった。なのに、テレ朝が赤字になったのは年明け以降の業績が予想以上に悪化しているためです。要するに、スポンサーの番組に対する意識、考え方が変化していて、視聴率の良し悪しで判断しなくなっている」(放送ジャーナリスト)
 これで次にどんなことが起きるのか。ズバリ給料のダウンしかない。キー局のTVマンの平均年収は1500万円前後がザラという考えられない水準が続いている。
「例えば40代の制作担当者の場合、残業代を含めると年収は2000万円を超える」(事情通)という指摘もあるほどで異常な世界なのだ。ここに手をつけるしかないのは子供でもわかる。
「フジテレビもTBSも給料体系を見直しているし、どこも給料に手をつけざるを得ない」(放送ジャーナリスト=前出)
 それでも、TVマンが高給であることに変わりはないわけだが。」
(日刊ゲンダイ2009年4月8日掲載)

ここまできていてもいまだ給料がダウンしていないという驚き。
現在下請けプロダクションがかなり悲鳴を上げていて、仕事を受けても安すぎて人を雇えないのだとか。現在の状況では「演出のみ」「カメラのみ」みたいなエキスパート業務はやっていられないのではないだろうか。
この先は「演出とカメラと音声と編集とMAまで一人でやれます」という人がなんとか食いつないでいくような気がする。
これは局以外では当たり前のようにやりはじめているスタイルだ。改めてビデオジャーナリスト的な人材ニーズが高まっているのかもしれない。バブル崩壊の頃を思い出す。。。

コメント

  1. fukuda より:

    > 「演出とカメラと音声と編集とMAまで一人でやれます」
    地方では一部の会社を除いて当たり前のようにやってきたことですが、キー局レベルだとその必要がなかったから体制づくりが大変でしょうね。
    一人でほとんどの作業をすると、今までのエキスパート分業体制から見れば作品のクオリティが下がると思いますが、それも仕方無しというところでしょうねぇ。

  2. カントク より:

    致し方なしというところではないでしょうか。でもそのぶんいろいろなところで歪みを生みそうですね。

  3. sin より:

    現状を少しでも俯瞰で見られるならば
    沈む船からは、一目散で逃げ出すのでしょうが…
    危機管理は心がけねばなりませんね。

  4. カントク より:

    「相手がザクなら人間じゃないんだっ!
    ボクだって!」