なはは


退職の意思があると話はしたものの、その数日後、役員に呼ばれ、
「イイ話があるんだけど」
と言われた。
なにがあろうといまさらこの硬い意思は誰にも止められないのに、と思いつつ
彼の前に行くと、
「いやぁ、トリニダード・トバゴに取材に行く話があるんだけど。どうよ?」
とのこと。
これは以前香港に取材に行った時の続きモノで、香港でトリニダードのスティールパンバンドの取材をしたのです。その彼らの本国で、彼らがカーニバルに出場するので取材に行かないかという話だったのです。
トリニダードはまさに日本の裏側。めったに行けるものではありません。
しかも彼らとは香港で楽しく時を過ごしたわけで…
すっかり思い入れが入り込んでいる。
「行きます!」
と思わず口が開いてしまった。
このことを周りの仲間に話したところ、笑う人あり、あきれる人あり。
なんとでも思ってください。
僕はそれでもトリニダードへ行きたかったのですよ。
プライベートで行くことなんて、
絶対無理ですもん。