その後のEOS 5D Mark II映像のカクカク現象について


EOS 5D Mark IIの映像をProRes422に変換した際に発覚した映像カクカク現象。
様々な検証を行った結果。
どうやらこのMacPro自身のハードの問題ではないかという話になりました。

実はHDVの編集でも同じことが起こるのです。

そこでアップルに電話してみました。
色々と話をした結果、

・どうやらQuickTimeプレイヤーの段階で異常が起きている

らしく、
その問題を検証するためには、

・本体をアップルストアに持ち込む
もしくは
・自分でソフトウェアをシンプルな構成にして(余分はアンインストールして)試す

かどちらかぐらいなのだそうだ。
ストアに持ち込んで、すぐに原因がわかって修理できればいいのですが、
重症だと最悪何週間もかかり、仕事に大ダメージです。

とりあえずは、今の仕事を片付けてアップルに予約しなくてはなりません。
心配です。

コメント

  1. ドリーマー より:

    カクカク問題がそんな状況になっていたとは…
    お役に立てず申し訳ありません。
    早く解決することをお祈りしています。

  2. カントク より:

    私も早くマシンを持って行きたいのですが、まだ仕事が溜まっていて無理なのです。
    なんだか「審判待ち」みたいな状況って精神衛生上よくありませんね。