あおいパークでオヒア・レフアが見ごろ


あおいパークに行ってきた。オヒア・レフアというハワイの花が見ごろなのだという。
144.jpg
オヒア・レフア ’Ohi’a-Lehua(フトモモ科オガサワラフトモモ属)
オヒアは木、レフアは花の意味。ハワイ固有の常緑種の灌木で高さ30mにもなるものもあるそうだ。花に見えるものはオシベが集まって房状となったものだが、いちばん多い赤のほかに、黄色、白、ピンク、オレンジ色、薄黄緑がある。火山の女神ペレの花とされる赤いレフアはハワイ島の花とされていてペレに纏わる伝説が多くあるが、ペレに許しを請わずに手折ると雨が降るとも言われている。古代ハワイでは、オヒアはハイチーフの使う槍や神殿、神像を作るのに用いられていた。和名はハワイフトモモ。(ハワイの花図鑑/ハワイアイより)

中日新聞にも記事が掲載された影響か朝からものすごい人。年齢層が高い人は植物や自然が大好きなのだなとあらためて思う。
そういえば最近自分もそんな傾向になってきた。

自然との出会いと写真が楽しい。